電子レンジ使用の耐久性・安全性のこと
2021.05.31はじめての食器のこと

こんにちは。iiwanスタッフちかだです。

「トウモロコシ由来プラスチック⾷器の破損事故による⾃主回収」が報道された件について、
トウモロコシ由来のプラスチック(ポリ乳酸樹脂)製品について
ご不安な思いを持たれた方もいらっしゃるかと存じます。

弊社の食器はまさに「トウモロコシ由来のプラスチック」製品ですが、
原料は信頼できる⽇本の材料メーカーからの仕入れ、および、
特許技術(ポリ乳酸樹脂成形技術)による製造工程を踏み、あんしんのものづくりに取り組んでいます。
第三者機関で弊社独⾃に素材や製品の安全性や強度を確認しておりますので
どうかご安⼼いただければと思います。

  • 耐熱・電子レンジ使用に関する実施試験

素材の安全性、耐熱性の試験(日本で販売するための必須試験)以外に、
素材が食器になった段階でも耐久性と電子レンジ使用後の溶出試験を行って
赤ちゃんがはじめて使う食器にあんしんしてご利用いただけるよう確認をとっています。

お客さまに‟もっとあんしん” をお届けするために、実施している試験とその内容です。




『食品衛生法 厚生省告示第370 号』
・日本の法規制基準に則って、電子レンジ使用時の有害物質の溶出検査の試験を受け、基準クリアしました。

『JIS S 2029』
・耐熱性の試験を受け140℃表示する上で異常なしの証明をもらいました。(※1)
・電子レンジ使用の耐久性(耐衝撃性も)試験を受け異常なしの証明をもらいました。
(※1)耐熱温度は耐熱性の試験を受け『家庭用品品質表示法』による表示義務があります。

 欧州基準 140℃耐熱試験
・家庭用オーブンで140℃の温風を1 時間当てて、異常なしの証明をもらいました。

 欧州基準 食器洗浄機試験
・家庭用食器洗浄機で連続5回の試験後、異常なしの証明をもらいました。

 欧州基準 電子レンジ試験
・家庭用レンジで900W、最大2 分温める。その後、外気温度に下がるまで放置する。
 これを空、水、油の各条件で5 回繰り返す。異常なしの証明をもらいました。

耐熱試験と電子レンジ耐久性試験の結果です。





  • 植物由来プラスチックこそ、人がずっと安心して使えるものに

近年は”植物由来” ”環境にイイ”を重視する商品が急速に増えていますよね。

環境に配慮されているからといって、壊れたり、商品機能がなかったりすれば使えなくなる。
環境に配慮されているからといって、安心して使えない、使い勝手がよくないものならば使わなくなる。

たちまちそれらはゴミになり、環境にイイお買い物が結局ゴミを増やす機会になってしまいます。
それを極力無くすために正しく知って選ぶことも必要なのかなと感じています。


弊社が培ってきた取り組みについて適切に情報をご提供することが、
もの選びの一助となりましたら嬉しく思います。


******

【お願い】
電子レンジ使用時には耐熱温度を超えない範囲でご使用いただくことをお願いしております。
解凍や少量のごはんのあたためで部分的に140℃以上になってしまう可能性があります。
ご不安なお気持ちを解消すべく「電子レンジ使用上の注意」を商品にお付けしておりますので、
ご使用前に必ずご一読いただきますようお願いいたします。

******


以上、今後ともiiwanをよろしくお願いいたします。