【実験】プラスチック食器の着色ってどうなの!?
2021.08.10はじめての食器のこと

みなさまこんにちは。iiwan スタッフのちかだです。

プラスチック製の食器は軽くて使いやすく、落としても割れないところが人気です。
ところがどっこい、プラスチックで気になるトコロ・・・着色ではないでしょうか!?

iiwanの食器シリーズ、「プラスチックだけど着色しにくい感じがする」と口コミを頂いていました。
果たして本当か・・・!?
比べたことがなかったために中々お伝えできませんでしたが、
この疑問を解消すべく”実験部”を立ち上げ、社内で実験してみることにしました!


iiwanの食器の中でもミルク・ホワイトのお皿にのせる食材は
こどもごはんで大人気の「カレー(お皿の左上部)」「ミートソース(お皿の右上部)」
離乳食部門から「にんじんペースト(お皿の下部)」
着色の三大巨塔が立ちはだかります。

  • 実験① あたたかい状態のごはんを置いて、24時間後の経過をみる

プラスチック食器の着色左上部:カレー、右上部:ミートソース、下部:にんじんペースト こんな感じで3種の食材を置いてみます。

iiwanの食器シリーズと比較に使用するのは、ポリプロピレン樹脂(以下、PP)のプラスチック食器です。電子レンジ可となっている食器も多く、こども食器でもPP製のものは多くあります。
植物由来のポリ乳酸、石油系プラスチックのポリプロピレン。プラスチックの種類が異なります。比較するお皿はピカッとした鏡面の質感ですが、iiwanはさらさらのマットな質感。

子どもがごはんを食べ、そのあと洗うという一連の流れを想定した着色実験です。この間、だいたい1時間くらいかなというところ、多めに24時間置いたままにするとどうなるか試しました。


プラスチック食器 ベビー食器を洗う中性洗剤で洗います。どうなる・・・!?


実験結果は・・・ どちらも目立った変化なし。

プラスチック食器の着色 使い方両者、意外にも着色せずに耐えた・・・この結果に顔を見合わせるiiwan 実験部メンバー(笑)
着色しにくいかどうか、違いが出ないとワカラナイ・・・。とはいえ、家庭での使い方を考えて、24時間以上そのまま放置するのも食材に対してよくありませんのでこれ以上は断念。
使い続けると違いが出てくるのかもしれません。

別の実験を試すことにしました。



******

  • 実験② 電子レンジで温めてみる

プラスチック食器 電子レンジあたため後の着色iiwanの耐熱温度は140℃。電子レンジ可です◎常温のものを電子レンジ(350W:弱の設定)で20秒ほどあたためました。
今回はかなり少量なので加熱する時間は短めにします。

プラスチック食器 電子レンジあたため後の着色電子レンジから出してみると食材が飛び散っていました。ありのまますぎる写真!(笑)電子レンジの中もしっかり掃除しました(笑)

油分の多いカレーとミートソースはふつふつとして高温になっている様子でした。この状態だと食器に負荷がかかっていますので、電子レンジ時間は本当に注意していただきたいと思います。

プラスチック食器 電子レンジあたため後の着色いざ!洗浄!!食材をよけてみるとこんな様子です。カレーとミートソースの部分の特に油分がピッタリついているような感じがしました。

洗う前の様子を見て、「着色していてもおかしくないね」と、心配そうに様子を見守るiiwan 実験部メンバー。


実験結果は・・・ PP食器ははっきり着色した。iiwanの食器はほとんど着色しなかった。

プラスチック食器の着色PP製食器の着色した部分は表面の質感も凸凹していました。【画像左側】
PP食器の着色はミートソースが一番濃くついていて、カレーもはっきり色が残りました。
油分のようなテカリが食器表面に残り、洗浄で落とすことはできません。
にんじんの色は写真に写りづらいですがうっすらとオレンジ色が残りました。

【画像右側】
iiwanの食器の着色は着色残りはほとんどありませんでした。(スタッフが肉眼で確認できないくらい)

1回だけの電子レンジ使用で明らかな違いが出ました!




******


  • 番外編 長く使っていくとどうなっていくのか

iiwan食器 プラスチック食器 着色6年半程、漂白ナシで使用中の食器iiwan愛用中のスタッフに食器の写真を撮ってきてもらいました。

小傷などの使用感、多少の着色汚れがあるものの、欠けたり質感が劣化したりすることはありません。ミルク・ホワイト以外の色付きのお皿だとなおさら、着色に過敏にならずに済みそうです。
軽くて割れないだけでなく、タフで頼りになります!!




******


実験はいかがでしたでしょうか?

着色への配慮として、実は、日本のものづくり技術が活きています。
食器の金型表面を極限までなめらかにするために特殊加工をしていて、
iiwanの食器全体、さらさらマットな質感が実現しています。
自動車産業でも使われている高度な加工技術をベビー食器に使った弊社はちょっとこだわりすぎぐらいに言われます(笑)
汚れがつきにくいという特徴はこんな工夫も関係しているのです!
特に着色が気になる離乳食スプーンやお皿類の金型もすべてこの加工を施しています。

iiwanのベビー食器はこれらの結果に加えて、第三者機関で安全性試験を実施しています。
よろしければチェックしてください!

電子レンジによる耐久性・安全性試験を見てみる