ママにファーストスプーンがおすすめなワケ
2020.10.13はじめての食器のこと

こんにちは!iiwanスタッフです。

引き続き、ファーストスプーンについて、
”ママにファーストスプーンがおすすめなワケ”をご紹介します。

前回の記事:”赤ちゃんにファーストスプーンがおすすめなワケ”はこちら



5~6ヵ月頃からはじめる離乳食


離乳食スタート時期は、だいたい5~6ヵ月頃。
赤ちゃんがひとり座りできるのは7~10ヵ月頃と言われていますので、
離乳食中後期頃まで赤ちゃんの座り姿勢をサポートしながらの離乳食になります。

グラグラ不安定な赤ちゃんをしっかり支える
 ▼
スプーンで少量のごはんをちょうどよくすくう
 ▼
液状のごはんをこぼさないように赤ちゃんのお口へ運ぶ
 ▼
赤ちゃんが上手に取り込めるようにごはんをあげる


この一連の動作に加え、離乳食とミルクも並行して準備しながら進めます。
赤ちゃんの体調、吐き戻しやアレルギーも気になったり、
はじめての離乳食ってママの不安事が多いんですよね…。





ママが安心できる離乳食にするために



「少しずつあげるのは分かるけど、少しの量って加減が分からない。」
「食べにくそうなのは自分のせいなのかも。赤ちゃんが食べやすいように上手にあげたい。」

そんな先輩ママのご意見がありました。

親だってはじめての体験がたくさんあるのが育児なのに、
大切なお子さまを想う気持ちから、不安なことをネガティブに考えてしまうシーンもあります。
iiwanとして、そんなママとご家族を応援する気持ちで商品開発をしてきました。


  • 少量を掬うときに便利で安心
  • お口に入れる離乳食の量は少なめからスタートします。赤ちゃんのお口は小さくて繊細なので、ほんのちょっとです。
    ファーストスプーンの薄めのうつわはそんな繊細な赤ちゃんのお口サイズにぴったり。10倍粥など液状のごはんを1回分あげるちょうどいい量が掬えるので安心です。
    新しい食材を試す際に少しずつあげる時にも重宝します。



  • 赤ちゃんを支えながらの離乳食でも扱いやすい
  • ひとり座りを支えながらスタートする離乳食。
    iiwanのファーストスプーンは、ママがしっかり持つことができ、安定して運べるので赤ちゃんを支えながらの離乳食でも扱いやすいです。

    お子さまのはじめての一口、赤ちゃんを支えて必死になってしまいますが、ママもぜひ一緒に楽しんで頂きたいです。



  • 歯でガリガリ噛んでも赤ちゃんに安心
  • iiwanが使用している「ポリ乳酸樹脂」は植物由来の安心安全な素材で、第三者機関で検査を行って赤ちゃんにとって無害無毒の確認をしています。

    また、食器の表面はアクリル同等程度の表面硬度がありますので、丈夫で歯跡が付きにくく ※1 きれいに長くお使い頂きやすいです。
    新品を噛んですぐボロボロに(泣)という経験はありませんか?いつもきれいな食器で離乳食を進められると気分があがりますよね!

    ・※1 赤ちゃん食器で多く使われているプラスチック、ポリプロピレン(PP)と比較しました。



  • きれいに長く、ストレスなく使えるアイテム
  • 置いていたスプーンがグラグラして床に落ちてしまったら、またひと手間。赤ちゃんとの時間、このひと手間が多い離乳食。
    裏側にくぼみをつけて接地面を増やし、柄に丸みがあっても転がりにくくしました。

    また、前述したように表面に硬度があって通常のプラスチックに比べてキズ付きにくいので、さらさらして洗いやすいのも魅力です。




    ******

    赤ちゃんとママのための「iiwan ファーストスプーン」は、お客さまの声から生まれました。

    ご出産祝いに選んでいただいたり、はじめての離乳食に選んでいただくことも多い商品ですが、
    商品について知っていただくことで、
    皆さまから大切な方へ、より一層のお気持ちを贈っていただければ嬉しいです。