とうもろこしからできたベビー食器
2021.07.22はじめての食器のこと

とうもろこしからできた食器



こんにちは!iiwanスタッフちかだです。
7月は美味しいとうもろこしの季節です。
つややかなとうもろこしが売り場に並んでいます🌽

とうもろこしといえば・・・
iiwan 食器シリーズ『MY FIRST DISH』は”とうもろこしからできた食器”。

とうもろこしからできた食器 ベビー食器 安全


iiwanがこだわっているベビー食器の素材「ポリ乳酸」について詳しくお伝えしていきます!

ポリ乳酸ペレット とうもろこし とうもろこし粒5gから2gの「ポリ乳酸」ができます。
実際には、食用のスイートコーン(写真のようなスーパーに並ぶとうもろこし)ではなく、
工業用・飼料用の用途が主なデントコーンという品種からつくられます。
写真は茹でたスイートコーンです。収穫時の見た目はほとんど同じですが、参考イメージとして。

ポリ乳酸ペレット iiwan材料こちらが食器の素材、「ポリ乳酸」です。
仕入れている材料はお米の粒くらいの大きさ。もとが乳白色なので、”ミルク・ホワイト”は素材そのもののカラーです。


この「ポリ乳酸」いったい何者!?って感じですが、英語で”Polylactic acid”といいます。
プラスチックの種類にポリエステルやポリプロピレンなどありますが、「ポリ乳酸」もプラスチックの一種です。
では、この「ポリ乳酸」がどうして”あんしん”なの?
というところを掘り下げていきます。


あんしんな理由その1.
素材自体が”乳酸”だからあんしん


  • とうもろこしから「ポリ乳酸」ができるまで

「iiwanはとうもろこしからできている」じゃなかったっけ?
そう思った方もいらっしゃるかなと思いますが、
厳密には、
とうもろこしに含まれるデンプンに乳酸を加え、さらに乳酸発酵させる、
化学プロセスを経てできる素材
なのです。
とうもろこしが入っているわけではないので、
どれだけ探しても食器にとうもろこし粒が見えることはありません!
※iiwan は食糧問題への影響が少なく、よく育つとうもろこしからできるものを選んでいますが、
ジャガイモでもお米でもデンプンが抽出できるものであればつくることができます。


化学プロセスなんて、カッコよく言ってもなんだかよく分からないので
成形開発部門を主担当していたスタッフに
「乳酸をどう固めて、どうプラスチックになるの?」って聞いたところ、

「開環重合がどうのこうの・・・・」
って話が専門的すぎる話が出てきて聞けば聞くほど分からなくなっていきました。(笑)


「まぁ要するに、ヨーグルト的なもの(乳酸)を固めたものと思えばよい」と、
とってもカンタンな答えにまとめてくれました💡

ポリ乳酸とは iiwan いいわん

******

✏MEMO
“POLY(ポリ)”は多数を意味するギリシャ語の接頭語です。
「ポリ乳酸」は乳酸がたくさん結合しているという意味なのです!


******


つまり、これまでのプラスチックは、一般的に石油が原料であるのに対して、
iiwanのベビー食器は「乳酸」が原料なのです。

素材のメリットはやっぱり「安全性」。
石油に含まれるとして危険視されている重金属や
特に合成樹脂に使われる石油系プラスチック添加物を使用しないため、
危険視されている発がん性物質”BPA””BPS”などの検出はありません。


「乳酸」は、疲れたら溜まるもの、、、

そう!私たち人間の体内に存在するもの。
だから、iiwanのベビー食器は安心なのです✨


******

【後編】はiiwanのベビー食器のさらなる安全性への裏付けとうもろこしからできた原料の安全性
昨今注目度が高まっている バイオマスプラスチックの安全性についてです。

こちらからご覧ください!