手作り離乳食!私の小ワザごはん
【完了期編】@shoko
2021.03.30iifriends編集部員の子育て日記

文・写真提供:iifriends編集部 shoko
企画・編集:staff ちかだ


【編集staffより】
今回の離乳食の”小ワザ”取り分け離乳食の進め方についてです。
大人ごはんと一緒につくれて、一石二鳥な取り分け離乳食。
できそうなお料理から少しずつ、挑戦してみてくださいね!


instagramから来て下さった方へ、
オンラインショップをご利用の方は上部のロゴをタップしてください!


連載コラム、前回、前々回のものはこちらです。

【離乳食 中期編】 前々回のコラムはこちら

【離乳食 後期編】 前回のコラムはこちら




  • 離乳食ストックからは卒業!取り分け離乳食でママと子も一緒のしあわせ

1歳を迎えるころになると、
食べられるものも、食べられる硬さや大きさの幅もぐんと増えてきます。

こうなってくると、私も「離乳食ごはんの素(離乳後期編を参照)」を作る回数もぐんと減ってきました。
なぜなら、大人ごはんからの取り分けがしやすくなっていたからです。

使う食材は大人も子どもも一緒。
(もちろん、子どもがクリアしている食材ですね)

調理の味付け段階で、最初は子ども用に薄味にし、
子ども分を分けたら大人用に味を付け足します。
汁物だったら、子ども分は具材中心・汁少なめにお椀に盛り、
ぬるま湯を足して塩分を薄めます。


こんな風にしていけば、あえて離乳食ストックを作らなくても
一日3回の離乳食が意外と簡単に、
そして親子でほぼ同じメニューで作ることができるんです。

ブロッコリーとツナのパスタ1歳0か月。ブロッコリーとツナのパスタ。左が子ども用、右が大人用。



それまでストック用に作っていた「離乳食ごはんの素」は、
取り分けが難しい食材を大人に使用していた場合や、
お出かけの時などに活用するくらいだったので、徐々に作る回数は減っていきました。


普段の食事作りのまま、
子ども用は薄味に、大人用は取り分け後に再度味付け。

ちょっとした段階を踏むだけで、ママは楽ちんに、
子どももママと同じご飯を食べられてハッピー!

子どもが離乳食を卒業していく感覚もあって、わが子の成長を感じる瞬間でもありますね。


「取り分け離乳食って簡単だって聞くけど、なかなかできない・・・」と聞くこともありますが、
できそうなお料理から少しずつでも取り入れていくと、
ママの負担もすっと軽くなると思います♪

離乳食完了期1歳4か月の食事

魚は切り身で見せて、食べる直前にほぐします。
さっと煮絡めてあるだけなので、味付けは表面のみ。
ほぐして中心部と合わせることで適度な味になります。


次回が最終回、総括編です。ぜひご覧ください!

総括編はこちら



******


shokoさんのInstagram をチェック!